DeepCrawlの持つクラウドベースのウェブサイトクローラーによって、サイトへのアクセス
を増やし、サイトのパフォーマンスを高めることができます。

フリートライアルを開始する

DeepCrawlは最も包括的なウェブサイトクローラーであり、世界的に有名なブランドにも利用されています。ウェブサイトの検索の成功を妨げるSEOの洞察と技術的な問題を明らかにすることで、クライアントがサイトの収益を増やし、オーガニックトラフィックを増やすことができます。

 

サイトをクロールし、インデクサビリティ、クロールバジェットのパフォーマンス最適化、検索順位に影響する技術的問題を発見します。

基礎的な問題点:無効なリンク、リンクされていないページ、不要な内部リダイレクト、nofollowページなどを検出します。

サイト全体を時系列で分析:過去のクロールデータを確認して変化と問題を確認し、サイトの状態をチェックします。

クロールの自動化:1時間、1日、1週、2週間、または1ヶ月単位でクロールするようにスケジュールできます。

チーム内でのタスク管理:タスクマネージャーを使用してタスクを割り当てられます。タスクには優先順位や期限をつけることができ、進捗管理に役立ちます。

自動化されたクロールを通じて、KPIのトレンドを確認することで、日々変化するサイトをSEOに関わる問題から守ります。

複数ドメインのモニタリング:ドメインが大量にあるサイトの健全性をグローバルに監視し、クロールに関係するデータ、問題、変更点を自動的に処理していきます。

変化をトラッキング:サイトの変化やそのパフォーマンスへの影響を包括的に把握します。

問題の発見:クロール間のすべての変化を示すデータを基に、サイトに関する想定外の問題を特定します。

主な指標の追跡:トレンドデータ履歴のビジュアル化で、主要な指標の進化を追跡します。

サイト移行に関するリスクの軽減、適切なサイト管理を行いながら、公開中のサイトからステージングサイトへの移行をスムーズに行うことが可能です。

リスクの最小化:公開する前に、現状のステージング環境をクロールして技術的な問題を特定し、修正します。

トラフィックの維持:ステージング環境の技術的な問題を修正することによって、トラフィックが大幅に減少することを防ぎます。

比較分析:ステージングサイトと公開中のサイトを比較し、サイト構造の違いを可視化します。

正確な設定:古いサイトをクロールして、リダイレクトと正規化が正しく設定されていることを確認します。

サイト構造が最適化されていなければ、ユーザーが欲しい情報に到達できず、検索エンジンによるコンテンツの発見も難しくなります。以下の方法で、DeepCrawlによりサイト構造を最適化できます。

ウェブクロールの深度:クロールの深度に関するレポートでは、サイト内のページの深さを示し、ユーザーや検索エンジンが見つけにくいページやセクションを再配置できます。

サイトエクスプローラー:パフォーマンスが優れている領域と劣っている領域を識別するための各指標をもとに、サイト構造の概要を把握することができます。

ディープランク:Googleのページランクに類似した指標としてDeepCrawl独自の内部指標があり、あなたのサイト上の各ページの品質の評価に役立ちます。

固有の内部リンク:サイト内のリンク構造を改善することで、重要なページにフォーカスさせることができます。

ご質問はありますか?

どのプランにするかご検討中の場合は、お問い合わせページからご連絡ください。ご質問があれば喜んでお答えします。

メッセージを送信する